綿貫の特徴

綿貫の特徴

1. 綿貫整形外科(昭陽会)の治療体系

疼痛を主体とする一時的整形外科的疾患の治療と、他の疼痛を伴う疾患との鑑別を確実にするため、当昭陽会では、下記のシェーマによるような治療体系を整えております。

綿貫整形外科(昭陽会)の治療体系

本院である綿貫整形外科では専門医による一般的な整形外科治療(脊椎外科、関節外科、外傷、小児整形外科等)とリウマチ外来、さらに理学療法、装具療法で早期社会復帰を目指しています。

隣接する医療法人杏樹会綿貫第二クリニックでは疼痛外来(ペインクリニック)と内科医による治療と鑑別で、早期の疼痛からの解放を目指し、さらに東洋医学(鍼、灸等)も取り入れた疼痛管理を行っています。

また複雑な疼痛疾患には確実な診断・鑑別が必要になります。和歌山南放射線科クリニックでは放射線科専門医による最新の機器をもちいた画像診断を行います。(CT、MRI、エコー、PET-CT等)。

正しい診断でより確実な治療法が選択できます。

2. 専門性

外来診療、治療、入院、手術を同一の医師が担当。内科医、麻酔科専門医が常勤し、患者様の術前・術後管理を行っています。術後は理学療法士の指導の下、早期リハビリ、退院後の訪問リハビリを実施し、早期の社会復帰を目指します。

またリウマチ外来では専門医による診断、治療も行っております(予約制)。

3. 主な手術実績(平成28年度)

急性期の外傷(骨折や靭帯損傷など)や筋・腱・軟部組織の手術を行っております。
それ以外に下記のような慢性疾患の手術も行っております。

内視鏡下椎間板摘出術 6
人工膝関節置換術 11
人工股関節置換術 5
人工骨頭置換術 2
高位脛骨骨切り術 6
関節鏡視下手術 11

一覧へ戻る

Contact

お問い合わせ